今日の清心

一覧へ戻る

2022年06年18日 | 日記

昨年度より交流を重ねているカトリック校、静岡聖光学院中学校・高等学校と、今年度初めてのオンラインによる生徒ミーティングを行いました。静岡聖光学院の聖書研究会と、本校カトリック研究会&図書委員会&P-step(平和活動を行う同好会)の代表11名による話し合いは、初対面の緊張を感じさせず、終始和やかな雰囲気でした。

ミーティングの最初に、静岡聖光学院の「祈りの時間」で紹介された、本校図書委員の取り組み「祈りの環プロジェクト2020」の動画を視聴しました。両校の交流のきっかけとなったプロジェクですが、それを大切に取り上げ、校内で共有してくださっただけでなく、交流という形に繋いでくださった静岡聖光学院の先生方と生徒の皆さんに改めて感謝の念をいだきました。

静岡聖光学院とノートルダム清心の交流のテーマは「平和」です。2021年度は「平和を深める」ことを目的に、プロの大道芸人として全国で講演やパフォーマンスを行われている静岡聖光学院の鈴木和人先生の講演会や、詩人で平和に関する活動にも熱心に取り組まれているアーサー・ビナードさんによる詩作ワークショップを実施しました。

2022年度は「平和を伝える」ことを目的に、両校で協力して動画を作成する予定です。昨日の交流会では、「伝える」ということについて意見交換を行いました。生徒たちは今後、オンラインによるミーティングを重ねつつ、平和への思いを動画という形にしていくことになります。静岡と広島の高校生が、何を、誰に、どのように伝えていくか・・・・・・今後が楽しみです。

一覧へ戻る