校長日誌

一覧へ戻る

2022年06年23日 | 校長日誌

今年度の教育実習が終了しました。ごくろうさまでした!実習生(64期生)にコメントをもらいました。

理科 M・Oさん

6月1日から21日までの3週間、教育実習をさせていただきました。新しい先生方の多さや電子機器の活用に驚きました。しかし、在学中から変わっていない懐かしい部分も多く、優しい先生方、楽しい生徒たちのおかげでとても充実した教育実習となりました。中3と高1の生物を担当し、授業の大変さ、翠松会の準備などを行い教員の仕事の多さを実感しました。コロナが落ち着き、学園祭などでまた清心を訪れることができる機会を楽しみにしています。ありがとうございました。

国語科 S・Yさん

私は中学3年生の現代国語と高校1年生の言語文化の授業を担当しました。授業準備から実践まで、思っていたよりも難しかったです。他にも、部活動や翠松会準備など様々な体験をしました。教師の仕事は、授業をするだけでなく色々な仕事があることを学びました。この教育実習での三週間で得た経験を、これからの人生にも生かしていきたいです。

大学時代、新型コロナウイルス感染症対策でいろいろな制約や心配があったことも乗り越え、この3週間の教育実習に熱心に取り組んだ2人です。私の授業(高Ⅲ宗教)にも顔を出して頼もしいメッセージを生徒たちに伝えてくれました。どうぞ、これからも体調に気をつけて、大学時代を充実させてほしいです。この機会に、卒業生の皆さんを思い出す時期でもあります。みなさんの幸せを心から祈っています。すでに、次の年度の教育実習の申込も届いており、心待ちにしています。

*********************

素敵なあじさいの花束! 美術の講師から実家に咲いたということでいただきました。ふわふわのスノーボールのよう、ピンクの小花も愛らしいです。

6月22日は、創立者ジュリーの列聖記念日。

6月23日は、沖縄慰霊の日。

広島から平和を求める祈り…全ての人の父、平和の源である神よ、世界の平和を求めて祈る あなたの子らの声を聞いてください。戦争によって、互いに傷つけあったわたしたちは、今も心と身体に痛みを覚えます。もう二度と同じあやまちをくり返しません。どうか 私たちの心にあなたの愛を注ぎ、平和のために働く、平和の使徒とならせてください。アジアと世界の人々と和解し、ともに平和な新しい未来を築いてゆくことができますように。 

*********************

感謝と祈りのうちに

 

←前の記事 | 

一覧へ戻る