校長日誌

一覧へ戻る

2022年06年21日 | 校長日誌

6月18日(土)、3年ぶりの翠松会総会が学校内で開かれました。多くの皆様がお越しくださり、ありがとうございました。

9時~ クラス常任委員会…総会に先立ち、議案が承認されました。役員の皆様、クラス常任委員の皆様、朝早くからありがとうございます。

10時以降、学級・学年懇談会

中1 学級懇談会…メディアリテラシーに関する講演も視聴していただきました。

 

中2以上は、学年懇談会でした。学園祭に続き、皆様と直接お会いでき、有り難かったです。

11時40分~ 翠松会総会  

 

役員の皆様の交替時期です。旧会長をはじめ、皆様、大変長い間、お世話になり、ありがとうございました。学園祭だけでなく、昨年度も一昨年度も翠松会総会におきましても、書面決議やリモート配信など、いろいろなご心配をおかけしたことも思い出しつつ、いつも温かくご支援してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。バザー委員をお引き受けくださった皆様をはじめ、新体制におきましても、どうぞよろしくお願いいたします。

永年勤続準会員(教職員)表彰…翠松会の皆様、ありがとうございました。

午後からは、個人懇談が行われました。引き続き、皆様には今後とも本校の教育活動におきまして、ご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

*********************

この度の学園だよりに、来日されたシスター方の約80年前の強制収容、強制送還、再来日などにも少し触れてみました。今の国際情勢と重なることが多く、思いを馳せながらも、命のリレーをどのように受け継ぎ、発展させていくか、日々模索しています。

*********************

感謝と祈りのうちに

←前の記事 |  次の記事→

一覧へ戻る