学校紹介

大きな被害を受けた広島でこそ、
心の平和を持つ子どもを育てたい

「神様はなんと善いお方!」と、どんなときにも神様を信じ、
愛してやまなかったフランス人女性、ジュリー・ビリアートは、
フランス革命後の混乱した社会にあって、「ナミュール・
ノートルダム修道女会」を設立し、貧しい子どもたちの教育のために
生涯を捧げました。

「子どもたちが神から授かった才能を伸ばすための機会を与え、生きていく上で必要なことは何でも教えましょう。」という言葉を残した聖ジュリーは、困難にぶつかるたびに、神への信頼と感謝を忘れず、むしろ困難を神がお与えになった試練と受け止めて、笑顔を絶やさず前向きに生きた女性です。

原爆で焦土となった広島の町がようやく復興を始めた頃、ナミュール・ノートルダム修道女会は、“教育は万人のもの、教育を受ける機会のない者にこそ教育を”というジュリーの思いを実現するため、被爆地広島に学校を建設しました。
以来本校では、聖ジュリーの生き方を建学の精神とし、「心を清くし 愛の人であれ」を教育理念に掲げ、教育活動に取り組んでいます。

1803年 8月 ナミュール・ノートルダム修道女会創立。フランスで教育事業に着手
1924年 8月 ナミュール・ノートルダム修道女会、来日。岡山の高等女学校を継承
1950年 3月 初代校長 シスター・メリー・コスカ 就任
  4月 広島にノートルダム清心中学校開校
木造2階建中学校舎落成
1953年 4月 ノートルダム清心高等学校開校
  11月 鉄筋3階建高等学校校舎落成
1955年 10月 聖堂落成
1956年 3月 第1回高等学校卒業生 142名
1961年 6月 鉄筋5階建短期大学校舎落成
1966年 1月 中学校校舎火災消失
1967年 7月 鉄筋4階建中学校・高等学校校舎落成
1968年 6月 体育館落成
1969年 6月 創立者マザー・ジュリー 列聖式
1973年 8月 ナミュール・ノートルダム修道女会 来日50周年
1982年 4月 校舎増改築落成式 中学校4学級編成
1983年 4月 高等学校4学級編成
1986年 10月 芸北教育場 ユリア館落成
1993年 10月 体育館改築落成
1997年 8月 第一次改修工事(中学校舎)
2004年 4月 クビリーホール開館
2007年 4月 併設型中高一貫教育校に改組
2018年 2月 ノートルダムホール落成

設立母体

本校の設立母体である「ナミュール・ノートルダム修道女会」は、ローマに本部をおき、世界の16の国々に拠点をもつ、国際的な組織です。そして現在、国連NGOとして、教育活動や医療活動、人権支援活動など、世界各地で必要とされている、さまざまなボランティア活動を行っています。

本校は、この「ナミュール・ノートルダム修道女会」が世界で行っている教育活動の一環として、戦後間もなく広島に設立された学校です。日本国内では岡山と倉敷に姉妹校があり、世界では、アメリカ・フランス・ベルギー・ブラジル・ジンバブエなどに、120校もの姉妹校があります。このように、ノートルダムのネットワークにより世界とつながっています。