教育について – 探究学習 –

Education
教育について

探究学習

教育理念

心を清くし 愛の人であれ

豊かな人間性と、確かな知性とが揃ってこそ、社会に真に貢献できる人であると考え、
学習指導だけでなく、人間教育にも力注いでいます。

探究学習

「探究学習」とは
想像力と創造力の育成

自ら見出した「正解のない問い」と向き合い、調べ、考えて新しい答えを創造していく活動です。
解決困難な問題があふれる世の中にあって、皆でより良く生きられる社会の実現をめざし、
世界を切り拓いていく力を育みます。

「探究学習」高Ⅰ前期・後期の流れ

①「探究とは何か」を理解する

  • 調べ学習との違い
  • 身近なところに題材がある(テーマ設定は大きくしすぎない)

②テーマ設定に必要な情報収集・整理

  • テーマの具体化
  • 具体性が欠けて、調べ学習に陥る可能性を防ぐ

③「自分事」化する

  • 自分のこととして、興味・関心と結びつけられるようにする
  • 現実的で自分の興味関心と合致した研究テーマを考える

④テーマ設定から問い立てへ

  • 探究活動の流れの説明
  • マジックワードとは
  • 問いとリサーチクエスチョンの違い
  • 問いの種類

⑤仮説の立て方

  • 仮説とは、「答えの見通し」
  • 現状を把握した上で見通しを立てる。(情報の収集・整理)
  • 根拠のない単なる予想は検証することが難しい

⑥研究計画書の作成

  • iPad を用いて情報を収集し,マッピングや関係構造図を活用
  • 情報を整理する作業

⑦仮説の立て方

  • 考察・検証の種類
  • 研究のアウトラインの事例
  • 研究ノートの作成
  • 研究不正をしない
  • 役に立つツールの紹介

⑧中間発表

  • iPad を用いて情報を収集し,マッピングや関係構造図を活用
  • 情報を整理する作業

→高 Ⅱでは論文にまとめます。

探究学習に関連したブログのご紹介

トップへ戻る