生徒たちの自主活動 [校長日誌]

今日の朝焼けも美しかったですが、午後から天気が下り坂…冷え込みも厳しくなってくる中で、生徒たちの心温まる活動が続いています。

21日(月)放課後、中学ESSの生徒たちが、コンゴ民主共和国の姉妹校とオンライン交流を行いました。

私たちは夕方ですが、現地は朝一番。とても元気の良い挨拶を返してくれました。

おや、中学玄関のクリスマスツリーでは、高校生のお姉さんも☆をつけています。どんな良いことをしたのかな? 中学中央階段もあちこちがクリスマスモードです。

今日の昼休みは、高校選挙管理委員会がオリジナルの選挙啓発動画を披露していました。興味を惹く内容、動画のクオリティも高く、感心しましたが、カメラを持って行くのを忘れ、見入っておりました。

放課後は、各委員会の多くが2学期最後の活動でした。各委員会の報告を聞くのがいつも楽しみです。どの委員会も誇らしげに今学期の内容を語ってくれました。NDA委員会からはNDAレターも受け取りました。

そして、広島にゆかりのある若者たちの平和への取り組み「ピースナイト」のお知らせも受けました。

 

明日以降も、朝の「THE TIME,」の番組内で、 RCCスクール広島「中高生ニュース」に本校(合唱部、山岳部、クラシックギター部、カトリック研究会、箏曲部)が登場すると聞いています。朝、生徒たちの活動が皆様に元気を届けることができますように。

*********************

3年前を思い出します。約120名がボランティアに参加させていただきました。静寂の中の力強い教皇メッセージと祈りが響き渡った2019年の11月24日でした。

*********************

感謝と祈りのうちに

 

 

 

トップへ戻る