気象警報発表時の対応について

午前6時,8時,10時の時点で,以下のA,B,Cの3つの場合をもとに判断します。
A:「特別警報」,B:「暴風警報」,C:「大雨警報」と「洪水警報」の2つの警報

 午前6時 広島市に,A,B,Cのいずれかが発表中
(Cにおいて,「大雨警報」または「洪水警報」の1つのみが発表されている場合は,午前8時30分始業)
自宅待機
 午前8時 広島市に,A,B,Cのいずれかが発表中
(午前6時からの自宅待機継続中で,Cにおいて,「大雨警報」または「洪水警報」の1つのみが発表されている場合は,午前10時30分始業)
 自宅待機
 広島市に,A,B,Cのすべてが解除
ただし,JR山陽本線(西広島駅を含む区間)が運休のときは自宅待機。
午前10時30分始業
 午前10時 広島市に,A,B,Cのいずれかが発表中
(午前8時からの自宅待機継続中で,Cにおいて,「大雨警報」または「洪水警報」の1つのみが発表されている場合は,12時始業)
臨時休校
 広島市に,A,B,Cのすべてが解除
ただし,JR山陽本線(西広島駅を含む区間)が運休のときは臨時休校。
 12時始業

※上記以外の場合でも、登校困難と保護者が判断した場合は、公認欠席扱いとします。保護者の皆様は、
始業時までにその旨を学校へ連絡してください。
また、欠席届にその旨を書き、登校するときに持たせてください。