6月になりましたが、以下の写真は5月に写していたものです。

サツキが美しい前庭の風景~創立者マザー=ジュリー像は、いつも子どもと一緒にいる姿です。

天野正子さん 新聞でも報道されていたように、本校1期生の天野正子先生が亡くなられました。これは、第二図書室の掲示板です。

天野正子さん著書 天野先生の著書がそばに展示してありました。

ご自身の生き方や研究・執筆活動などによって、男女共生のありかたを示された大先輩です。

ご冥福をお祈りいたします。

図書室1 工夫された展示がいつも行われています。次の下の展示も、面白いですね。

図書室2 著名な作家の誕生日の紹介でした。

ちなみに今日は、作家小田実さんの誕生日。また、本能寺の変があった日です。

 

 

 

5月31日(日)に広島市西区民文化センターで開催された「MHPS杯第22回広島県高等学校小倉百人一首かるた選手権大会」において、古典文学研究部が二連覇を果たしました。

準決勝で対戦した基町高校には3-2の辛勝、決勝の広島大学附属福山高校には4-1での勝利でした。全国大会(近江神宮)に向けて、これから部員一同一丸となって頑張っていきたいと思います。なお、MHPS(三菱日立パワーシステムズ)より優勝賞金として10万円を全国大会の交通費補助で頂きました。ありがとうございます。

皆様、応援ありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします!

5月31日1 5月31日2 5月31日4

5月31日5 5月31日6

5月31日3 皆さんで切磋琢磨していく広島県チーム

5月31日7 来年度はいよいよ全国総合文化祭が広島県にて開催です。

 

 

5月25日(月)アステールプラザで開かれた「青少年のための能楽鑑賞教室」に中3から高3までの約160名が参加しました。

狂言「呼声」と能「土蜘蛛」どちらも生徒は楽しそうに鑑賞していました。午前中,学園祭の後片付けで疲れているかと思いきや,さすが体力ある清心生。

「行って良かった」という感想が多数聞かれました。

一番はしゃいだのが,国語科の先生方。「桟敷席!」「蜘蛛の糸がしょわー!」

 

 

 

CIMG0345 音楽会のときは,集合場所となる中ホール

CIMG0346 素晴らしい能舞台に変身

能楽鑑賞小

 

他校との生徒たちとの合同鑑賞でした

今日は卒業生 38期 末田 南さんからのお便りです。彼女は医師としての活動が長く、先日はネパールから帰国したところでしたが、今回はスペインの有名なサンチアゴ=デ=コンポステラへの巡礼地へ向かう途中に送ってくれました。

スペインからメールします。

現在地はスペインNavarra地方(州)の街 Viana、時刻は18時です。この時期、陽が沈むのは22時頃なので、まだまだ昼の様相です。遅めの昼食をとり、巡礼宿のベッドでこれを書いています。

本日は15kmほど歩いてここに着きました。もともとフランスのPauという街から出発して、本日で一週間です。今回は一人旅でないので、歩きだけではなくバスや列車も使っています。今年3月に行ったネパールで一緒に仕事をした山岳ガイドさんからお誘いを受けたもので、暢気な旅です。 

昨年の3月にひとり東海道を旅したときは殆ど歩いている人を見かけませんでしたが、この道を行く巡礼者の多さには驚きます。高齢の方も本当に多く、10kg弱の荷物を背負って連日長距離を歩くには向かない体型の人々を見るたび、信仰の力はすごいなあと実感します。

ちなみにまだ日本人は見かけませんが、昨日宿泊した村では、愛光学園で教師をしていたというご高齢の神父さん(スペイン人)に話しかけられました。私は愛媛大卒なので、なんだか不思議な縁を感じました。 

そろそろ夕食の買い出しに行く時間なので、これにて失礼いたします。

カトリック教徒にとっての三大巡礼地は、イェルサレム、ローマそしてこの

サンチアゴです。サンチアゴは、聖ヤコブをまつっています。

ナヴァラ州といえば、フランシスコ=ザビエルの出身地でもあります。

目的地まではまだまだ遠いので、これからの旅の出会いも楽しみですね。

無事を祈りながら、旅の続きを送ってくれることを楽しみにしたいと

思います。

 

 

自然がいっぱいのノートルダム清心キャンパス~鳥・花などに大変詳しい清心の生き字引太田裕美子先生による解説です。

5月に入ってから、「ヤマボウシ」「センダン」「ノイバラ」などが咲いていました。

すでに「タツナミソウ」や「シラン」は終わってしまいました。

今、5月下旬になると、中庭の池の周りには「サツキ」がきれいに咲いています。

白い「クリ」の花もたくさん咲いていて、独特のにおいが遠くまで漂っています。

もう少しで「ビワ」が食べられそうです。昨日、生徒たちは味見をしていました。

もうすぐ、生物室から見頃なのが「タイサンボク」です。大きなつぼみとなっています。

花壇には、「ホタルブクロ」が咲いています。「ドクダミ」もあちこちで見ることができます。

花壇には、ナデシコの一種で、「セキチク」が咲いています。

さて、いくつの花がおわかりでしたか?

3階の掲示板には、これらの写真と解説が貼られています。もうすぐ6月版になるようです。

清心の周りで咲く花5月 

桑の実 これは桑の実です。 

次回は、鳥シリーズをご紹介します。

学園祭後片付けの日と代休日の二日間で校内合宿を行いました。夕食は流しそうめんとカレーを食べました。そうめんだけでなく,トマトやブルーベーリーも流れていました。二日目は,清心の裏山から己斐大迫団地を通りぬけ大茶臼山に登りました。天候にも恵まれ,全員元気に合宿を終えることができました。

カレーの下ごしらえをしています

カレーの下ごしらえをしています

DSC01356_RDSC01357_RDSC01358_R

 

流しそうめんを夢中になって食べています

流しそうめんを夢中になって食べています

DSC01361_R DSC01362_R DSC01363_R

体育館で自己紹介をしています

体育館で自己紹介をしています

就寝前のひと時

就寝前のひと時

DSC01399_R

生徒の感想

中3 K.Nさん

5月25,26日は,私たち3年生にとって中学最後の校内合宿でした。1日目,この日の夕食はカレーライスとそうめんでした。竹を切って流しそうめんをしたのがとても面白くて,印象に残りました。その後は皆で体育館で遊び,下級生との親睦を深めることができました。

2日目はいよいよ登山です。今回は大茶臼山に登りました。朝,皆が起きるのが早かったおかげで予定より早く出発できました。この日はとても天気が良く日差しが照りつけていましたが,木陰では涼しい風が吹き,ウグイスなどの鳥の声を聞きながら登っていくと「あ,もう山頂?」といった感じでした。また,山頂付近の展望岩からは広島市内や大田川が一望できて,とても素晴らしい眺めでした。もう少し景色を楽しみたいところでしたがそうも行かず,下山しました。

今回の校内合宿は流しそうめんや体育館でやった肝試しなど,初めてすることがたくさんありました。それに,山も全員で楽しく登りきれて,思い出に残る良い合宿になったと思います。

山頂に電波塔がある大茶臼山に登ります

山頂に電波塔がある大茶臼山に登ります

 

去年の豪雨災害で崖が崩れていました

去年の豪雨災害で崖が崩れていました

DSC01417_R

最後の急坂の途中で休憩中

最後の急坂の途中で休憩中

大茶臼山の山頂で記念撮影

大茶臼山の山頂で記念撮影

広島市内を一望できる展望岩

広島市内を一望できる展望岩

中2 R.Oさん

今回の校内合宿は,大茶臼山に登りました。己斐大迫団地までの道のりは,アップダウンが激しく,少ししんどかったけれど,去年の合宿で使った道だったのでうまく体力を配分しながら登ることができました。団地を抜けて教順寺から再び登山道に入りました。急登が続いた上に,風も止み,とても暑かったです。しかし,木々の間から見える広島市の建物や瀬戸内海の島々が絶景で,元気が出ました。山頂で長めの休憩をとり,下山しました。花崗岩の道は滑りやすいので「慎重に」と頭の中で繰り返しながら歩いたけれど,何回かバランスを崩しそうになってヒヤッとしました。

今までは山を歩いているときに,草花を見ることはあっても,鳥の鳴き声に耳を傾けることはしていませんでした。しかし,今回は先生が様々な鳥の鳴き声や種類を教えてくださったので,山を登っている最中にも,積極的に鳥のさえずりに耳を澄ましてみました。新鮮な感じがして,こういう楽しみ方もあるのかと,山登りの幅が広がったような気がします。

中2で初めての部活の登山でした。緊張したけれど,とても楽しむことができました。また,班長や副班長になる機会も増えると思うので,歩くペースを保ったり,班員に気を配ったりすることも上手になっていきたいです。

元の学園祭実行委員長高3K・Mさんのメッセージです。

幸い,天気が崩れることもなく,たくさんのお客様の笑顔を見ることができました。

清心生や同窓生,保護者の皆さまの思いがかけあわさり,良い二日間になったと思います。 私個人としては,お客様の反応や声に直に触れることができ,去年とは違う充実感がありました。

来年からはOGとして,学園祭をサポートしていきたいと思います。

以下は高3に関する写真です。

お越しいただいた皆様,ありがとうございました。

高3 1 高3 3 高3 4 高3 5 高3 6 高3 7 高3 8 高3 9 高3 10 高32 高311 高3学園祭実行委員

 

学園祭初日が無事に終了しました。お天気がもち、ホッとしています。

今日一日、ありがとうございました。

帰る頃、ピンクの夕焼け空がきれいでした。

多くの卒業生も来校してくれました。

ほとんど立ち話で終わることも多かったのですが、

何人かには、近況報告なり、後輩へのメッセージなり、皆様への学園祭PRなりと

書いてもらう時間が少しとれたので、いくつかご紹介いたします。

「こんにちは!59期の学園祭実行委員です。今年の学園祭のパンフレットはとてもかわいくて

見やすかったです! 私たちが卒業した時に中3だった62期のみんなが中心学年として頑張っている姿を見て、

とても嬉しく思いました。また、遊びにきますね!」

「大学では陸上競技を続け、楽しんでおります!将来は、研究か皮フ科、産婦人科に進もうと考えています。」

「医者を目指してずっと勉強してきましたが、理系院生を経て、文系就職をする予定です。 

 自分のやりたいことを自分でみつけるためにいろいろ動いてきました。何でも協力しますので、いつでもご連絡ください。」

「病院で放射線技師として地元の病院で働いております。放射線技師に興味がある人がいれば、協力します。」

「大学で陸上競技をつづけ、楽しんでおります。将来は研究か皮膚科、産婦人科に進もうと考えています。何かお役に立てることがあれば、いつでもご連絡ください。」

明日も多くの方々のご来校を心よりお待ち申し上げます。

 

2015.5.22日記

迅速な英語ブログ

今日の学園祭開会式での、校長・生徒会長・学園祭実行委員長・生徒指導部主任・学園祭実行委員たちからの挨拶や諸注意は

すべて共通した思いーーお客様に喜んでいただくために、清心生がどう行動すべきかということでした。

生徒たちはその思いをしっかりと受け止め、準備に励んだことと思います。

その後、審議委員は準備と並行して今日の開会式のようすや感想の英文原稿作りにとりかかり、

ネイティブの先生の指導も多少受けながら、すばやく完成。そして、審議会参与の芦田先生が

写真と英文との組合せをセットして、すぐホームページにアップという早業です。

校長日誌はもちろん、どうぞ、”Introduction of N.D.Seishin in English by students”(生徒による英語のND清心紹介)もごらんになってください。

今日のくす玉アクシデントのようすもよくわかります。

審議委員だけでなく、他の委員会や希望者がこの英語ブログを更新し、充実させていくのがますます楽しみです。

高校生(目変更済み)

それでは、高校1年生Sさんによる可愛いイラストが、明日の学園祭「N(なっとく)D(だいすき)清心」でも皆様をお迎えいたします。

皆様、学園祭(明日は10時からです)にぜひお越しください。

 

学園祭に向けて,本日は丁寧掃除・テント設営・校具移動後,本格的な準備に入りました。

今日の「学園祭オススメpart3」は,高校3年生,高校2年生や中学3年生からの声です。

◎クラブ

・高校美術部です。今年の学園祭のテーマN!(Nの階乗)をもとに数学の0が発見されたインドをモチーフにしてモニュメントを作りました。名前はカバディ=ハティ郎といいます。体育館入口付近にあるので,ぜひ記念撮影してみてください!

・社会部です!3c(4階)で発表します。今回は,紙の展示から少し離れて,外国の建物を作りました。

・中学音楽部は講堂でミュージカル♪サウンド・オブ・ミュージック♪を上演します。素晴らしい歌を皆様にお届けします!

・中学美術部☆ 4階美術室にて,色々な作品を展示しています。また,階段に大きなポスターを貼っています!力作ぞろいなので,ぜひ見に来てください。

・中学陸上部です! スーパーボール&ぷよぷよすくいを高2A(4階)でやっています。景品も用意していますので,是非お越しください。

・中高生物部です。生物に関するクイズやゲームをしています。生徒による模擬授業も行いますので,ぜひ2aにお越しください。

・古典に詳しくなくても大丈夫!楽しいかるたを使ったゲームやクイズ等をやっています。 部員作成の人形展示もあるので,お気軽にお立ち寄りください。古典文学研究部

・クラシックギター部です。日曜日の10:40~ 講堂で演奏します。ぜひ聴きに来てください。

◎特別参加単位

・「Stay Tune」:アコースティックギターとボーカル+@でいろいろな曲をやります!3年間続いたバンドなのでどうぞおこしください!

・「鯉に恋する己斐の女子」は清心生のカープ愛あふれる参加単位です。今年は「OB特集」と「黒田選手特集」で,取材新聞も配布します。また,クイズの豪華景品も用意しています!カープファンの方,必見です!ぜひ,3b(4階)にお越しください。