高校生徒会の生徒たちが、一学期に朝日新聞社から素材を借りて「熊本地震報道写真展」を校内で行うという企画を考えて、このたび実現することになりました。地震当時のようすや防災対策などを伝えている新聞記事も掲示しています。写真展は今週だけの期間限定なので、皆さんこの機会にしっかり見て考えてください。

(生徒会長の言葉)

8月28日月曜日から9月2日土曜日までの一週間、熊本の地震に関する写真展を行っています。東北にはボランティアに参加する人が毎年いて活動が継続されていますが、実は熊本の地震や広島の土砂災害に関しては忘れかけている現状があります。また、「災害大国」と言われている日本において、必ずと言っていいほど災害はやってきます。災害を忘れないことを再確認し、災害への備えについて考える機会にしてもらえたらと思います。場所は、中学校校舎の各学年の掲示板と高校校舎の各学年の廊下に展示しています。今回展示している写真は朝日新聞社の熊本地震報道写真素材を貸し出していただいているものなので、破損などないように十分気を付けてみるようにしてください。この写真展で皆さんが何か感じるものがあればと思っています。

広島の夏は「とうかさんで始まり,天神さんで終わる」と言われますが,西区の天満宮では書の奉納行事が戦前から行われて子ども達が書道の上達を祈り,今日にいたっています。今年も高校書道選択者や書道部の生徒達が書道祭に出品しましたが,今回は高校2年生2名,中学2年生2名が特別賞を受賞しました。受賞者のコメントです。

天神賞 中2Yさん

今年は初めて行書で書いたので,最初はなかなか上手く書けず,今年は賞に入ることができないのではないかと思っていました。でも何度も書いているうちにだんだん納得できる字が書けるようになり,賞をいただけてとても嬉しいです。

中国放送賞 高2Mさん

この度はこのように素敵な賞をいただき,大変嬉しく思っています。臨書なのでしっかりと特徴をとらえて書くことが難しかったです。これからも頑張っていきたいと思います。

広島テレビ賞 高2Oさん

私は『蘭亭序』という作品の文字を書きました。これまでこの作品は全文を書いたことがあったのですが,今回は13文字以内という制限があり,その制限の中でさらに慎重かつ原本に忠実に書くということを心掛けて頑張りました。結果としてこのようなすばらしい賞をいただけてとても嬉しかったです。

広島テレビ賞 中2Fさん

この度はすばらしい賞をいただき,本当に嬉しく思っています。今年から行書作品を本格的に書くようになりましたが,まだまだ実力をつけていきたいと思っているので,これからもさらに努力を積み重ねて頑張っていきたいと思っています。

 

この4人以外にも多数の皆さんが,特選や金賞に輝いたようです。皆さんおめでとうございます。今後の活躍も期待しています。

特選高2大石さん 特選高2西本さん 天神賞中2山崎さん 上の方に高2升崎さんの作品 広島テレビ賞 高2大之木さん 中2古川さん IMG_8564 IMG_8559 IMG_8558 IMG_8556 IMG_8551 特選中2西さん

2017.8.26クラブ日記

中学調理部 夏期研修旅行

ジャムの味比べn

8月22日に竹原市忠海にあるアヲハタジャムデッキに行って来ました。ジャムのできる行程を見学させてもらったり、ジャムや工場の歴史などを学ばせていただきました。

ジャム工房では、インストラクターの方に手伝ってもらいながらイチゴジャムを作りました。同じ材料でも人によってジャムの味が異なり、それぞれがおいしいジャムを作ることができました。この経験を今後の部活の中でも活かしていきたいと思います。

写真は左から ジャムを作っているところ、説明を聞いているところ、糖度を計っているところです。

ジャムづくりn 説明n 糖度を測るn

8月17日から3日間、中学と高校の水泳部の皆さんは、暑い中、合宿をして練習に励んできました。詳しいことは8月19日のブログにも書きましたので見てください。

高校水泳部部長kさんの感想

今回の合宿の目標は部員の体力、持久力アップと親睦を深めることでした。2年ぶりで、大変なこともありましたが、3日間の中で、しんどい練習を耐え抜く精神力や体力、団結力など多くのことを得ることができました。合宿の成果を生かして、また大会に向けて頑張りたいと思います。

中高山岳部が庄原市にあるひろしま県民の森で夏合宿を行いました。例年、夏合宿も春合宿もユリア館で行うので、野外の常設テントに宿泊するのはとても新鮮だったようです。初日は毛無山に登った後、炊事棟でカレーうどんを作りました。夜は気温が下がり、常設テントでの宿泊は寒いくらいでした。2日目は烏帽子山と比婆山に登りました。登山道の多くは自然林に覆われていたため、涼しく感じ、約4時間の登山はあっという間でした。

 

◇中1 T・Tさん

私は初めての夏合宿でした。そのため、テントで寝るのも初めてです。寝られないかなと思っていましたが、意外とすぐに寝られました。1日目の毛無山に登るのが大変でした。足に豆が出来てとてもつらかったけれど、なんとか登り切ることができました。山頂は風が通っていてとても素敵で、登った甲斐があると思いました。

 

◇中2 K・Yさん

 今回は新鮮なことがたくさんありました。夕食のカレーうどんも、いつもは館内(ユリア館)なのに、野外で作って外で食べたりしました。山でカレーうどん?って思ったけれど、案外美味しかったし、作るのも楽しかったです。それに、いつも山を登るのは先生が先頭なのに、3年生のお姉さんが先立ってくれて、歩くペースもゆっくりだし、景色を楽しみながら登ることもできました。また、別の学校の人たちとの交流もあったりして、いつもとは違う合宿でした。 私は半ズボンで川遊びをしていた時に、マダニみたいな虫に刺された気がして、発熱したらどうしようとびくびくしています。でも、今回の合宿はリタイアする人なく、みんな元気で登れたので良かったです。来年は私たちが一番年上なので、しっかり引っ張っていけるように頑張りたいです。

 

◇中3 N・Oさん

 1日目は思ったよりもきつくて、下りの時はみんな疲れて静かでした。でも、川で遊んだり、カレーうどんを作ったり、お風呂に入ったりすると、疲れが吹き飛んでいきました。2日目は1日目に下ったルートを登ったので、登りはきつかったです。中3は一番先頭に歩いて、地図を見ながら自分で道を考えました。とても楽しかったです。 2日間、とても疲れたけれど楽しかったので、あっという間に感じられました。中学校最後の夏合宿、最高でした!

 010_R 009_R 008_R 014_R 013_R 012_R 011_R 007_R 006_R 005_R 004_R 003_R 002_R 001_R

東北ボランティアに参加している教員からの報告です。

おはようございます。
昨日(8月20日)は、大船渡教会のミサにあずかり、ミサ後信者さん達と一緒に準備してきた歌を歌いました。

皆さん一緒に歌ってくださったり、手拍子をしてくださったりと喜んでいただけたようで生徒も喜びを感じたようです。

また、その後の茶話会でも信者さんとお話しをすることができ、優しく、温かい大船渡の方々とさらに交流する機会がいただけたことを喜んでいました。

今日(8月21日)は移動日です。
仙台を出発し、一路広島を目指します。

2017082011060000

8月19日(土)11:00からカリタス大船渡ベース「地ノ森いこいの家」で”広島風お好み焼き交流会”のイベントを開いていただきました。その時のようすをご報告いたします。

今日はお好み焼きを作り、おもてなしをしました。
パラパラ子どもからおばあちゃんまで総勢10人以上の方がお見えになりました。
小学生は自分で焼いて大満足だったようです。
初めての広島風という人も多く、喜んでいただけたようです。

2017081909390000 2017081910000000 2017081914100000 2017081914440000 2017081911020000

岩手県大船渡市にある「カリタス大船渡ベース」(愛称「地ノ森いこいの家」)で、8月17日から21日までの5日間、高2の生徒4名、高1の生徒7名、引率2名の13名が被災復興地でのボランティア活動をしています。そこでのようすを学校に来たメールでご紹介いたします。

今日(8月18日)は午前が被災地視察、午後が三ヶ所に別れて在宅訪問でした。

視察では皆、真剣にスタッフの方のお話しに耳を傾けていました。
午後からの訪問でも、被災された方の経験や現在の様子を伺い、一人ひとり沢山のことを感じたようです。
明日はベースで広島風お好み焼きを食べようという企画をします。いらっしゃる方に喜んでいただけるよう皆準備をしています。

写真は視察中です。

2017081810340000 2017081810020001

水泳部は二年ぶりの合宿を行っています。

一日目が約8000m、二日目は約10000m泳ぎました。

中高合わせて約40名が一緒に強化練習を行い、寝食を共にしながら親睦を深めています。

挨拶や時間厳守に対する注意を上級生が行いながら、日々成長のあとを感じています。

2017081816420000 2017081816430000 2017081816430001

水泳部OGとして、20期代、40期代の社会人、また、60期代の大学生たちが

訪ねに来てくれました。

予想以上に水泳部を続けている大学生が多いことに驚きつつ、とても嬉しく思います。

全国あちこちの大学に進学していても、大会で結構会っているようです。

また、63期の高校3年生はもちろん現役クラブ員ですが、夏休みの勉強追い込みの合間に顔を出して激励。

遠方からも多くの先輩方から応援メッセージを送ってくださり、ありがとうございます。

 

 

 

広島司教区平和行事が8月5日、6日、9日に広島市中区にある世界平和記念聖堂などで行われました。3日間のうちの8月6日(日)に世界記念聖堂の案内を有志の生徒たちがしました。この日は原爆の日でもあり、主日のミサも行われ、大勢の人たちが来られていました。

この度は、世界平和記念聖堂が耐震工事中のため、ステンドグラスが取り外されていたり、聖堂全体が幕で覆われていたりとご案内したくてもできないものが多々ありました。いつもと勝手の違う案内になりましたが、国内外から訪問された方々に自分たちの言葉で聖堂に込められた平和への思いを生徒たちは伝えていました。

CIMG3122 CIMG3123 CIMG3124 CIMG3120 CIMG3121

平和行事のプログラムの中で、聖堂案内の役割をくださった平和行事実行委員会と事前学習のために時間を割いてくださった幟町教会の聖堂案内係の皆様、そして参加してくださった皆様ありがとうございました。

以下は生徒の感想です。

・今回の聖堂案内で、私たちも学ぶことが多くありました。国籍、性別、年齢を問わず、様々な方とふれあうことで平和への思いを深めることができました。今回学んだことをいかして、また来年もチャレンジしたいと思います。 (高Ⅰ) 

・聖堂の各所に、一つひとつ意味が込められていて、案内することで改めて深く理解できました。今回は、私たちの方が教えてもらうことが多かったけれど、来年はそれをいかして、多くの方を案内したいです。 (高Ⅰ) 

・今回聖堂案内ボランティアに参加して、教会についてもキリスト教についてもより学ぶことができました。信者さんと話す機会もあり、新しいこともたくさん学べました。自分たちのつたない案内でも、喜んでもらえたので嬉しかったです。今日学んだことや感じたことを身の回りの人にも発信していきたいです。 (高Ⅱ)

・東京や滋賀から広島やこの聖堂に興味を持って来てくださった方々がいらっしゃることが嬉しかったです。高校1年生の時から3年間参加したこのボランティアを通して、知ったこと、経験したことをいかし、これからも広島のこと、平和のことについて発信していきたいと思います。 (高Ⅲ)