高校生徒会の生徒たちが、一学期に朝日新聞社から素材を借りて「熊本地震報道写真展」を校内で行うという企画を考えて、このたび実現することになりました。地震当時のようすや防災対策などを伝えている新聞記事も掲示しています。写真展は今週だけの期間限定なので、皆さんこの機会にしっかり見て考えてください。

(生徒会長の言葉)

8月28日月曜日から9月2日土曜日までの一週間、熊本の地震に関する写真展を行っています。東北にはボランティアに参加する人が毎年いて活動が継続されていますが、実は熊本の地震や広島の土砂災害に関しては忘れかけている現状があります。また、「災害大国」と言われている日本において、必ずと言っていいほど災害はやってきます。災害を忘れないことを再確認し、災害への備えについて考える機会にしてもらえたらと思います。場所は、中学校校舎の各学年の掲示板と高校校舎の各学年の廊下に展示しています。今回展示している写真は朝日新聞社の熊本地震報道写真素材を貸し出していただいているものなので、破損などないように十分気を付けてみるようにしてください。この写真展で皆さんが何か感じるものがあればと思っています。