中学1年生の生徒たちは、1月25日(木)のHRでボランティアについての学習をしました。最初の一時間は、今までのボランティア活動(太田川河川敷の清掃や「夜回りの会」への協力など)を振り返ったり、ボランティア活動を通して学んでいきたいことなどについてクラスで話し合いました。次の一時間は、二人一組となって、目隠しをして見えない友達をもう一人が介助して、校内めぐりをしました。生徒にとっては普段通っているところだが、見えないと怖く感じ、具体的な声掛け(あと3歩で階段など)で安心したという感想もあった。このブラインドウォークという活動を通して,日ごろの自分とは異なる立場を体験し,相手の立場に立って考えて行動することの難しさを感じたようです。

DSCN3919 DSCN3920 DSCN3928 DSCN3929 DSCN3930

 

 

2018.1.29日記

新校舎の高さは?

写真に写っているのは新校舎の地面から塔のてっぺんまでの高さを測定している高Ⅱの生徒たちのようすです。この日は雪が降り,とても寒い日でしたが,実際の高さ29.90mと同じ値を測定したグループがありました。お見事!

DSCN3901 IMG_1151

塔の高さを測定するのにさまざまな方法でチャレンジしていました。風船を塔まで上昇させて,風船につけた糸の長さを測って測定しようとしたグループもありましたが,強い風と雪のため,思うように風船が上がりませんでした。多くのグループは分度器を使って測定していました。写真の分度器は目標を定めやすいように工夫してありました。

DSCN3914 DSCN3909 DSCN3908 DSCN3902 DSCN3911n

 

 

 

1月25日,高校2年生は救急救命講習のLHRを行いました。例年のように2名の赤十字救急指導員の方に来校頂き,心肺蘇生法やAED使用法について教えて頂きました。お話によると,1年に24,000人の方々が心肺停止の状況になるそうです。そのうち,12,000人は手当をしてもらえず亡くなるのだそうです。講習をきっかけに,命と向き合うことができたと思いますし,学んだことを活かすことができれば,命を救うということに繋がるかもしれないと思える,貴重な機会となりました。Kさんの感想です。

私は初めて心肺蘇生やAEDを体験しました。人体模型での体験でしたが,心肺蘇生は思っていた以上に強く押さねばならず,体力も必要だと感じました。また,AEDはどのような仕組みになっているのか詳しく知らなかったので,練習できる貴重な機会をいただけて良かったです。

救急救命の処置が必要な状況に出会わないことに越したことはありませんが,いざ実際その現場に遭遇した時には,自分にできることを積極的に行っていくことが一番重要だと思いました。

3月には希望者対象に,資格を取るための更なる講習をして頂くことになっています。

救急救命1 救急救命3 救急救命4 救急救命5 救急救命6 救急救命7

カトリック幟町教会の主任司祭であるヴィタリ神父様に来ていただき,新校舎(ノートルダムホール)の祝福式がありました。「この(ノートルダムホールの)門を出入りするすべての人が,主の平和と喜びで満たされ,あなたの祝福を世にもたらすものとなりますように」と神父様が唱えた後,聖水をふりかけながらノートルダムホールを祝福してくださいました。

DSCN3934 DSCN3943

祝福式の後,ノートルダムホールに新しくできた小聖堂の献堂式がありました。ここでもヴィタリ神父様が司式をしてくださいました。今まで中学校舎の祈りの部屋にあった御聖体を新校舎の小聖堂に移す儀式があり,その後,献堂式のミサが行われました。カトリック研究会の生徒たちがお手伝いをして,これらの儀式を滞りなく終えることができました。

DSCN3959 DSCN3968 DSCN3956 DSCN3964

 

1月7日,グリーンアリーナで中国地区書き初め大会が行われました。本校からは毎年,高1高2の書道選択者及び書道部の生徒,中学書道部・その他の希望者が参加しています。今年は例年以上に,会場がいっぱいになるほど多くの参加者が集いました。始まりは太鼓の大きな音で始まるので,「びっくりして余計に緊張してしまった」と言っていた生徒達もいましたが,それぞれに真剣な面持ちで取り組みました。その結果が中国新聞に掲載されていたのを御覧になった方もいらっしゃると思います。特別賞1名,特選8名等という結果でした。

特別賞(広島ホームテレビ賞)を受賞した中2のYさんのコメントです。

快挙という字は、とてもバランスが取り難く、納得のいく字がなかなか書けませんでした。初めて書く行書での半切り1/2という事もあり、緊張しながら本番を迎えましたが、このような賞をいただくことができ、大変うれしく思います。

IMG_6289 IMG_6273

最初と最後は太鼓の音

最初と最後は太鼓の音

最後は観客に披露

最後観客に披露

作品は1月30日まで駅前福屋に展示されているので,是非ご覧下さい。

2018.1.23日記

男子駅伝

中国新聞取材時の写真

1月21日(日),男子駅伝が行われました。広島県は12位の大躍進となりました。例年,合唱部の生徒達は開会式で美しい歌声を披露します。書道部の生徒達は横断幕の文字を書かせて頂きます。写真はその時のものです。選手達の走るスピードはとても早くて,あっという間に通り過ぎていくのですが,温かい声援が通りに響いていました。

ゆるキャラ1 ゆるキャラ2 男子駅伝1 男子駅伝2 男子駅伝3

2018.1.19日記

中学入試

今日(1月19日)は、清心の中学入学試験の日です。そのため、昨日は受験生たちに気持ちよく試験を受けてもらおうとみんなで1時間半の大掃除をしました。先生と生徒が一緒になって、受験会場や面接会場の設営、机やいすの点検(ガタついていないかどうかなど)も頑張りました。

DSCN3857 DSCN3856 DSCN3859 DSCN3858

試験当日は朝早くから大勢の受験生や保護者が来校され、熱気にあふれていました。ぜひ皆さんがんばってください!!

DSCN3882 DSCN3891

2018.1.18日記

新校舎の図書館

DSCN3828

今までの図書館にあった約4万冊の本の引っ越しが昨年末にあり、少しずつ新校舎の図書館が図書館らしい姿に変化しています。

図書館の入り口付近のようすです。

DSCN3849 DSCN3848

DSCN3832 DSCN3829

スタッフルームです。

DSCN3838

本がどこにあるかわかりやすいように、図書委員の生徒たちが工夫しています。

DSCN3860 DSCN3861

図書室に併設しているミーティングルームです。

DSCN3851

新しい図書館の利用は2月5日からです。どうかご期待ください。

DSCN3845

1月26日(金)の午後から新講堂の祝福式がヴィタリ神父様の司式で行われます。続いて、新校舎にできた小聖堂で祝福ミサがあります。また、今まで校舎内にあった「祈りの部屋」から新校舎の小聖堂へご聖体が移動する行列もあります。

新しい校舎の小聖堂のようすです。木製のベンチに約50名の方が座られるようになっています。

DSCN3807 DSCN3822 DSCN3823

小聖堂の両側の壁には十字架の道行きの聖画が飾られています。写真はその聖画の一部です。

DSCN3825 DSCN3826 DSCN3827

購買に2つある自動販売機のうち,一つを新しいものに替えることになりました。約20年前にいろいろな種類の飲み物を買うことができるようにと生徒会の働きかけがあり,また環境のことも考えて,リサイクルできる紙容器の飲み物の自動販売機を入れました。業者の方に聞くと自動販売機はふつう10年くらいで替えるので,人間に例えると70歳くらいだそうです。お疲れさまでした。新しい自動販売機も今まで同様利用してください。

DSCN3818 DSCN3819

新しい自動販売機が運び込まれているところです。

DSCN3814

 

1 / 212