中学山岳部で,広島市西区の小茶臼山に登りました。計画では水分峡・高尾山に行くことにしていたのですが当日の朝は雨でした。そのため,学校に集まって山に持って行く行動食を作りながら天気の回復を待ってから山に登りました。

 

中1 Y・Aさん

本当は高尾山に登る予定だったけど,雨が降ったので小茶臼山に登ることになりました。学校に集合して,雨が止むのを待ちました。その間,シリアルバーを作りました。10時過ぎに登山を開始しました。雨が降った後で道がすべりやすかったので,足場を確認しながら登っていきました。頂上に着いたら霧が出ていて景色がよく見えなかったけど,下山途中にウグイスの鳴き声が聞こえてきました。

先生に,道の途中の木にテープが巻いてあるのは,もし道に迷ったらテープをたどって行けば,元の場所に戻れるということを教えていただきました。プライベートで山に登るときに道を間違えたら,テープをたどって遭難しないように気をつけようと思いました。次の山は,もう少しきつくても登れそうな気がしました。

 

中2 R・Kさん

今回は高尾山に登る予定だったのですが,朝雨が降ったため学校の近くの小茶臼山に登りました。登山道がじめじめしていて,どろがズボンにはねたり,すべったり,とても大変でした。そんなことがありながら登っていくと,いつの間にか山頂について「えっ?もう山頂?」と思いました。山頂には己斐城の本丸跡がありました。ここに昔,己斐城主がいたんだと思うと,歴史を感じることができました。今回は,お姉さんとも1年生さんとも仲を深めることができました。

今年は1年生さんがたくさん入ってくれて,まだあまり話をしていない子がいるので,これからたくさん話して仲良くなっていきたいです。

 

中3 R・Nさん

今回の定例登山は,高尾山に登る予定でしたが,前日の天気予報で午前中に雨の予報が出たので,学校に集合して近くの小茶臼山に登りました。学校で雨が止むのを待つ間シリアルバーを作りました。山登りの途中で作ることを想定しての料理だったので,少ない道具,スペースでいかに上手にできるかを考えながら作りました。このシリアルバー作りで,学年を超えて協力し結束力を高められたように思います。

楽しく料理をしていると,雨が止んだので山に登ることになりました。1年生さんには初めての雨天での登山だったので,先生から雨具についての説明を受け,出発しました。今回の登山で印象に残ったのは雨上がりならではの霧でした。戦国時代のドラマに出てくる,行く手が霧で阻まれているように見える風景や,尾根を登っていると両脇に霧が立ち込めていて雲の上の道を歩いているように感じるところがありました。

最初は雨天での登山はあまり乗り気ではありませんでしたが,雨上がりの風景や大きな動物の足跡を見ることができました。また,比較的楽な登山だったので,登っている間の他学年の人とのおしゃべりなど楽しみがたくさんの活動でした。

DSC01899_R DSC01900_R DSC01919_R DSC01925_R DSC01928_R DSC01930_R DSC01936_R DSC01945_R DSC01946_R

 

6月25日に,本校の高校生が献血のボランティアに参加しました。

参加者からコメントが届いたのでご紹介します。

高Ⅱ K.Yさん T.Hさんのコメント

 今回初めて献血のボランティアに参加させていただきました。

 私としても学校としても初めての試みだったので不安な気持ちもありましたが,献血ルーム「ピース」の事業課推進係長さんの明るい人柄と献血をもっと身近に感じて欲しいというお気持ちに強く心を打たれ,がんばろうという意気込みが出てきました。

 私はティッシュ配りと呼び込みをさせていただいたのですが,その中で難しいと思ったのはどのような言葉で呼び込めば良いのかということです。献血にご協力お願いしますだとありきたりだし,長すぎてもだめで,どのようなことを言えば道行く人たちが献血に興味を持ってくださるのか,言葉を選びながら一生懸命呼びかけました。

 終了後,ボランティア中に献血を行っている場所を聞いてくださった方が,実際に献血ルームに来てくださったことを聞き,わたしたちがよびかけたかいが少しでもあったことに大きな喜びを感じました。今後も,このボランティアを続けていき,多くの方に献血の存在や重要性などを知っていただけると嬉しいです。

高Ⅰ K.Hさん M.Nさんのコメント

 私たちは年齢の関係でまだ献血に行ったことがなく,「血液が足りない」という言葉を聞くたびにまだ献血ができない自分をとても歯がゆく思っていました。

 そのため,少しでも何かできればと思い,今回のボランティアに参加させていただきました。

 ボードを持ったりティッシュを配ったりして呼びかけていると,関心を持ってくださる方がいて,とてもうれしかったです。

 今後もこのようなボランティアを続けて,献血への意識が広がり,血液が足りなくて困る人がいなくなるようになればいいと思います。そのためにも,また効果的な呼びかけの方法を考えて参加したいです。

IMG_1615.jpg-1 IMG_1622.jpg-2  IMG_1620.jpg-5 IMG_1625.jpg-3 IMG_1626.jpg-4

YFUの留学生,マテニー・キエラさんが,20日から清心に滞在されています!

高ⅠCの生徒とともに登校し,日本語だけではなく数学,化学,家庭科,文化学習など,いろいろな学年のいろいろな教科の授業を生徒達と一緒に受けています。

昨日は,中2の着付けの授業に参加しました。

キエラさんは,1か月ほど清心に滞在される予定です。

良い交流ができますように!

IMG_2206

 

昨日行われた全国高校囲碁選手権大会県予選で,囲碁部が優勝し,全国大会への切符を手に入れました!

おめでとうございます!

IMG_2160 IMG_2161

2016.6.17日記

6月のことば

IMG_2152

職員室前に飾られている「今月のことば」が新しくなりました。

6月は,マザーテレサの言葉です。

毎回美しい文字と手作りの装飾で,わたしたちを楽しませてくださっています。

左隣りの掲示板には,水曜日の中学昼礼で校長先生が紹介して下さった,ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカさんのリオデジャネイロでの演説を易しく訳した絵本の表紙と,広島を訪問された時の新聞記事を掲示しています。

明日は保護者会,翠松会です。保護者のみなさま,どうぞよろしくお願いいたします。

今日は,アメリカにあるアカデミー・オブ・ノートルダムからDr.Judith A.Dwyer が来校され,倉敷清心の校長先生,Sr.三宅と一緒に校内を廻られました。

それぞれのクラスでの様子を少しですがご紹介します。

① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪

 

 

先日行われた広島県高等学校小倉百人一首かるた選手権大会において,古典文学研究部が優勝し,全国大会への出場が決定いたしました!

部員からのコメントが届きましたのでご紹介します。

K.Hさんのコメント

13チームが全国大会の出場権1枠をめぐって戦いました。5人のチーム戦で試合を行うのですが,決勝では先に対戦相手に2勝されてしまい,もう負けられないととても緊張しました。しかしその後3連勝し,何とか優勝することができて本当に嬉しいです。今回で自分たちの弱点がはっきりしたので,これからもっと練習し,さらにレベルアップして全国大会に臨みたいです!清心がここまでこられたのも,決勝で当たったライバル校を始め,多くのかるた仲間や支えてくださるみなさまのおかげです。これからも応援よろしくお願いいたします!

古典文学研究部のみなさん,本当におめでとうございます!全国大会での健闘をお祈りしています。

 

試合当日の様子です。

CIMG0041CIMG0047CIMG0329

立派な優勝カップと盾,賞状が職員室前に飾られています!

IMG_2024IMG_2027

 

高校二年生のY.Nさんが,高校生平和大使に任命されました。

本人からのコメントが届いたのでご紹介します。

Y.Nさんのコメント

先日、高校生平和大使に選考いただきました。 高校生平和大使は高校生一万人署名活動を基調とする取り組みです。私自身、一年間の署名活動の中で、様々な経験を持つ素晴らしい仲間と出会い、各々の平和への強い思いを知り、本当に大きな刺激を受けました。その時々に感じた、原爆の実態を伝承することの使命感と、核兵器廃絶への希望が今の私の原動力となっています。

 

今後は、全国から選ばれた22名の平和大使と共に、様々な平和活動に参加する予定です。 夏にはスイスのジュネーブにある国連欧州本部を訪問し、高校生一万人署名活動で集まった署名の提出や、核軍縮会議の傍聴、スピーチ等を行います。 特に、オバマ大統領の広島訪問・被曝者との対面が実現した今、世界中の方が広島に注目してくださっていることと思います。この期に、私たち若者が率先して広島のことを発信し、多くの人に核兵器の恐ろしさを知ってもらいたいです。

生前、被曝者である私の祖父は、いつも、「人は助け合わにゃいかん」と私に言い聞かせてくれました。私はこの言葉こそ平和の根幹だと思っています。核兵器のない、思いやりの溢れる世の中を目指して、この言葉を世界に伝播させていきたいです。

 

学園祭後片付けの日と代休日の二日間で校内合宿を行いました。夕食はハッシュドビーフとサラダを作りました。二日目は清心の裏山から宗箇山(三滝山)に登りました。中1さんにとって初めての宿泊と登山でしたが,天候にも恵まれ全員元気に合宿を終えることができました。

 

中1 K・Oさん

今回,中1は山岳部に入って初めて山に登りました。合宿をするのも初めてだったので,とても楽しかったです。

1日目は,学園祭の片付けの後,買出しに行き晩ご飯をみんなでつくりました。ご飯におこげがついていたりして,キャンプみたいでした。とてもおいしかったです。晩ご飯の後は,みんなでだるまさんが転んだや鬼ごっこなどをして,いっぱい遊びました。こんなにたくさんの人数で遊んだのは小学校以来だったので,久しぶりでうれしかったです。遊んだ後は,みんなでマットの上に寝ました。

2日目は,朝に宗箇山へ出発しました。登るときはキツかったけど,頂上に着いた時は達成感がありました。下りる時はけっこう楽に感じました。途中お寺によって冷たい水を飲みました。河川敷を歩いて,学校に戻った時には汗だくでしたが,とても気持ち良かったです。

この2日間,とっても疲れましたが,それ以上にとっても楽しかったです。次に山に登るのが楽しみです。

 

中2 N・Gさん

5月30日・31日に1泊2日の校内合宿がありました。中2になって初めての合宿・山登りだったので,中1のときには考えなかった事など,たくさん経験することができました。

1日目は1~3年生でそれぞれ役割分担をして,協力しながらハッシュドビーフ・サラダ・フルーツポンチを作っていきました。そして夜には体育館で鬼ごっこ・だるまさんが転んだなどをして遊んだ後,みんなでマットを敷いて寝ました。

2日目,朝早くに起きて宗箇山に登りました。険しい山道がたくさんあって大変だったけれど,班の人とたくさん話をしたり,仲良くなれたのでよかったです。これからも色々な活動があるので,一つ一つを頑張っていきたいです。

 

中3 S・Kさん

今回の校内合宿では,後輩の人たちの様々な一面を知ることができてとても楽しかったです。夜のミーティングでの自己紹介は,それぞれが驚くほど長く詳しい話してくれて,さらに絆を深められたのではないでしょうか。夕食作りの時も,名前を呼び合ったり,先生の秘話を,学年を超えて笑い合ったりしている姿をよく見ました。

山登りに関しては,宗箇山に登りましたが,去年よりもスムーズに余裕を持って登頂出来たと思います。登りの途中の岩から清心の校舎がきれいに見えました。その他,酸味のあるグミの実,白い花を咲かせよい香りを漂わせていたねじの木など,様々な植物が生えていたのですが,特に印象に残ったのは竹です。竹は,その周辺一帯の土の養分を吸い取ってしまい,他の植物が枯れてしまうということを初めて知りました。下山の途中で通った竹林は,確かに別の種類の木が存在せず,所々倒れてしまっているものもありました。

このように,楽しさや喜び,学ぶことも多かった合宿になったと思います。これからも,普段の部活や行事を通して,新しい山岳部の仲間と協力して活動していきたいです。一年生の皆さん,一緒に頑張りましょう!

DSC_9111_R DSC_9118_R DSC_9123_R DSC_9127_R DSC_9138_R DSC01860_R DSC01870_R DSC01879_R DSC01887_R DSC01901_R DSC01903_R DSC01908_R DSC01912_R

2016.6.6卒業生日記

教育実習生をお迎えしました

IMG_2023

・今年度も,5人の教育実習生をお迎えしました!

お一人ずつコメントをいただいたので,ご紹介します。

教育実習生のコメント

・清心での実習が始まりました。授業、HR、生徒たちとの交流と、楽しみなことがたくさんあります。一方で、緊張もしていて、特に授業については今から本当にドキドキします。一日一日を大切に、がんばっていきたいと思います。

 

・清心に教育実習生として帰ることができて嬉しく思っています。短い期間ですが、内容の濃い日々を送れるよう努力していきたいです。よろしくお願いします。

 

・数年振りに清心に戻ってくることができて嬉しく思います。先生として授業に一生懸命取り組むのはもちろんですが、HR活動等を通して生徒と楽しみながら3週間を充実したものにできたらと考えています。よろしくお願いします。

 

・母校である清心に帰ってこれて、お世話になった先生方のご指導を受けられて嬉しい限りです。多々至らない点があると思いますが、一生懸命頑張っていきますので3週間どうぞよろしくお願いします。

 

・様々なめぐり会いのなかで、このような機会に恵まれありがたく思っています。在学当時は知らなかった清心の裏側をたくさん経験させていただくことを楽しみにしています。短い期間ですが、よろしくお願いします。

短い期間ですが,よろしくお願いします!

1 / 212