数学甲子園は全国の中学・高校・高専生が団体戦で数学力の高さを競う大会で、清心からも今年,高校二年生の2チームが応募しました。

全国で253校579チームが応募し,36チームが予選を通過し,本選に行きます。清心でも1チームが本選に出場することになりました。

女子の割合は4分の1で,今までで最も女子が多いそうです。

本選は、9月17日(日)に東京であります。

頑張ってください!!

2017.9.14日記

学年のHRのようす

DSCN3272

今日午後からの学年HRは、次のような内容でした。

中1は10月26日(木)に行われる平和公園などを訪れるフィールドワークのために平和学習をしました。

DSCN3255 DSCN3256

中2は10月から始まるボランティア活動のために、ボランティアについての説明やさまざまなボランティアの例の紹介などのお話がありました。

DSCN3252

中3は、毎年恒例のクリスマスタブローに向けての準備が始まりました。今回は、過去のDVDを見て、すでに中3の生徒によってつくられている台本を見ながら自分の係を何にするかを考えました。

高Ⅰは、体育祭の踊りの練習です。全員が体育館に集まって練習をしました。全体を合わせるとなると大変ですが、みんな頑張って、息があってきたので本番が楽しみです。

DSCN3258 DSCN3270

高Ⅱはグランドで体育祭で披露する学年の出し物(仮装行列)の練習をしました。広いグランドで行うのでたいへんですが、仮装委員の生徒たちがリーダーシップをとってみんなを指導していました。

DSCN3264 DSCN3263 DSCN3260

高Ⅲは、センター試験の志願票の清書をしました。提出された志願票は担任が確認をして、いよいよ入試センターに提出です。

NDA委員会は生徒の皆さんに呼びかけて持ってきてもらったベルマークを使って,ベルマーク財団が行っている東日本大震災援助事業やマダガスカルの学校給食プログラムへの参加,そして学校の備品購入などさまざまな取り組みをしてきました。また,卒業しても学校に来た時に集めたベルマークを持ってきてくれる人もいます。多くの人々の協力により,先月,学校で集めたベルマークの点数が100万点を超えたので,ベルマーク財団から感謝の楯が贈られました。

ベルマークを集めるために協力していただいた生徒の皆さん,保護者の皆さん,本当にありがとうございました。これからもみなさんの善意で集まったベルマークを子どもたちへの支援のために使わせていただきたいと思います。

 

 

夏休みの7月30日(日)に第8回「親子で歩こう広島原爆・戦争遺跡」に清心の中学生が参加しました。その感想をご紹介します。

中学1年生 Yさん

私は今回、ノートルダム清心中・高等学校で教鞭をとられていた多賀俊介先生の「親子で歩こう広島原爆・戦争遺跡」というプログラムに母と参加しました。

72年前のあの日の記憶として現在広島に残されている数多くの原爆遺跡や慰霊碑。それらのものが今を生きる私たちに問いかけ、求めているものは何なのでしょうか。

今回巡った原爆遺跡、慰霊碑の中で最も印象に残ったのはシュモーハウスです。原爆投下後に傷ついた広島の人々を見て心を痛めたアメリカ人がいました。キリスト教・クェーカー教徒のフロイド・シュモーさんです。募金を募り、苦しむ広島の人々のために自らの手を使い、さまざまな人種、宗教の人々の協力で15棟21戸を完成させました。また、唯一残っていたこの江波二本松の集会所を道路建設で壊されることから救ってくださったのが私たちの先輩。今田洋子さんでした。反対の声を上げてくださった方々のおかげで私はシュモーハウスの存在を知ることができました。広島の人々の姿を私は知りませんでした。

多くの遺跡や慰霊碑が私たちのために求めていること…。それはそれらを自分の目で見て何か感じたり考えたりすること、そして友達やまわりの人、全世界の人々に話しかけてみること、話しかけることで平和を通じて何かのつながりを持とうとすることだと思いました。

こうして自分の考えを持つことができ、平和について考えることができたのも多賀先生のおかげです。このプログラムに参加して本当に良かったと思っています。

【行程】 ①原爆の爆風がいかにすさまじいものであったかがわかる比治山の「山陽文徳殿の九輪()」  ②多くの被爆者の調査はしたが治療はしなかったといわれた旧ABCC(現在「放射線影響研究所」)  ③軍都廣島のようすがよみがえる「比治山旧陸軍墓地」  ④爆風で曲がった鉄扉が残り、被爆者の救護所ともなった「旧広島陸軍被服支廠」  ⑤海外から手を差しのべてくれた人々のことが学べる「シュモーハウス」  ⑥軍都廣島の中心地であった広島城周辺(被爆ユーカリ・大本営跡・中国軍管区司令部防空壕作戦室跡前など)

290730 0001n 290730 0019n 290730 0020n 290730 0027n 290730 0013n 290730 0018n 290730 0009n 290730 0008n

 

広島市中区吉島にあるもみじ作業所で9月2日(土)15:00から「もみじ作業所まつり」が行われ,多くの人が来られ,大盛況でした。NDA委員会の高Ⅰと高Ⅱの生徒たちのうち,8名がボランティアとして「もみじ作業所まつり」に参加しました。「ボールすくい」や「射的」や「わなげ」で主に活動しました。小さい子供が楽しく安全に遊ぶことができるようにお手伝いをする役目です。

テントの中でも,まだまだ暑く大変でしたが,生徒たちはゲームをしに来た子供たちに楽しんでもらおうと頑張っていました。

DSCN3240 DSCN3242 DSCN3231 DSCN3236

大学生はまだ夏休みということもあり,本校にも卒業生がたくさん遊びに来てくれます。今日は57期のYさんが在校生の皆さんにメッセージを書いてくれました。

現在,大学院の博士課程2年生です。清心を卒業して6年,コンピュータが好きだという理由で今の大学を選び,更に大学でやりたいことに出合って気づけば研究職を志望するようになりました。様々な論文を読んだり,プログラミングを書いたりする中で改めて痛感することは,中高時代に身につけてきた知識や自分なりの勉強方法は,自分を確かに支えてくれるものだということです。

また,清心での友人とは今も交流があり,一緒にご飯を食べに行くこともあります。その中で,清心の同期だからこそ話せる悩みもたくさんあると感じますし,皆の頑張っている姿に刺激を受けることもしばしばです。

今,経験していることは,きっとこれからも皆さんの支えになると思うので,自分の好きなもの,好きなことを大事にしながら過ごして下さい。

Yさんはこれから論文を書くことに忙しい日々となるそうです。4月からは補聴器の研究をされるようです。益々のご活躍をお祈りしています。

生徒たちは夏休みの勉強の成果を出すために試験を頑張っています。中1と中2は試験が一日で終わり、今日から授業です。あさってからは中3の授業も始まります。

折り紙できれいに切っている切り絵の飾りつけにも注目してください。

DSCN3210 DSCN3209 DSCN3211

10月7日(土)に行われる入試説明会では毎年好評の「楽しい学習・クラブ体験」があります。約10の”楽しい学習”があり、そのうち一つを体験することができます。たとえば「箏ガールになろう!」「歴史の中の動物たち」「ふしぎなふしぎな科学の世界」「いっしょに楽しく踊りましょう」などどれも清心の生徒たちがやさしくわかりやすく小学生の皆さんに説明します。そのほかにも「おねえさんと行く、清心ツアー」では学校の案内をしてもらえ、質問もできます。下の写真は入試説明会のポスターですが、イラストは中学1年生(美術部)がかいたものです。

ご来校をお待ちしております。

7703c4882dbbd9806841d817ed01ccd7-001n

中高社会部は毎年夏休みに1泊の研修旅行を行っています。今年は8月3日・4日に,愛媛県へ行きました。

1日目は,内子(うちこ)町へ行き,地元のボランティアガイドの方にお話しを伺いながら,町並みや資料館を見学しました。内子町の護国地区は江戸時代から金比羅参りの旅人や四国八十八カ所巡りのお遍路さんが行き交う街道で,宿場町として栄えました。和ろうそくなどに使われた木蝋生産が盛んで,明治期には全国生産の約40%を占めていました。町の中には,木蝋生産で繁栄した家の住宅や,木蝋資料館,今も歌舞伎などが演じられている芝居小屋「内子座」などが残されています。ボランティアガイドの方に,内子の歴史や町並み保存活動のことなどについて詳しいお話しを伺い,とても勉強になりました。1日目の夕方には宿泊した宿の近くにある道後温泉本館(重要文化財の建物)の館内見学も行いました。

2日目は松山市内の見学でした。四国八十八カ所の一つである石手寺,正岡子規や夏目漱石など松山ゆかりの人々を紹介した松山市立子規記念館,司馬遼太郎の明治時代を舞台にした歴史小説『坂の上の雲』を紹介した坂の上の雲ミュージアム,その主人公である秋山兄弟の生誕地,江戸時代につくられた天守が残る松山城などを見学しました。

 

♦部員の感想♦

初めての社会部研修旅行。私にとっては中学最初の大きな部活動で,少し不安でしたが,内子や松山の見学で,日本の良い所を広島以外でも感じることができ,嬉しかったです。お姉さんと接する機会も部活でしかなかなか得られない中,今回の旅行で一緒にたくさんお話ができ,優しくしてもらえました。これからも社会部で,自分の感性と好奇心・探究心を育てていきたいと思います。(中1Sさん)

 今回の研修旅行先の愛媛県のことについて,私はほとんど何も知りませんでした。でも,内子の木蝋資料館や町並み,松山の秋山兄弟や夏目漱石,正岡子規ゆかりの地へ行き,愛媛からただよう明治の香りを感じ,また行きたいなと思いました。(高ⅠOさん)

内子座の前で 内子の町並み見学 松山城天守からの眺め

高校生徒会の生徒たちが、一学期に朝日新聞社から素材を借りて「熊本地震報道写真展」を校内で行うという企画を考えて、このたび実現することになりました。地震当時のようすや防災対策などを伝えている新聞記事も掲示しています。写真展は今週だけの期間限定なので、皆さんこの機会にしっかり見て考えてください。

(生徒会長の言葉)

8月28日月曜日から9月2日土曜日までの一週間、熊本の地震に関する写真展を行っています。東北にはボランティアに参加する人が毎年いて活動が継続されていますが、実は熊本の地震や広島の土砂災害に関しては忘れかけている現状があります。また、「災害大国」と言われている日本において、必ずと言っていいほど災害はやってきます。災害を忘れないことを再確認し、災害への備えについて考える機会にしてもらえたらと思います。場所は、中学校校舎の各学年の掲示板と高校校舎の各学年の廊下に展示しています。今回展示している写真は朝日新聞社の熊本地震報道写真素材を貸し出していただいているものなので、破損などないように十分気を付けてみるようにしてください。この写真展で皆さんが何か感じるものがあればと思っています。

1 / 3712345...102030...最後 »