・高校ソフトテニス部が3年連続、県総体出場を決めたと

いう朗報を受けました。おめでとうございます。

・中学2年生二人が昇段大会で入賞したのは、古典研究文学部(競技かるた)

からの報告です。ちなみに、映画の影響か、いやいや本校の実績の影響か、

中学1年生の入部希望者がとても多かったです。

・織田幹雄記念国際陸上競技大会では、中学陸上部が中学女子リレーで

何と2位! おめでとうございます。

IMG_4813 IMG_4814 IMG_4815

リレーで表彰台に上がるというのは何より嬉しいことですね。

日本でも有数の選手が出場する大会に参加するというだけでも

わくわく。

IMG_4816 賞状とメダルが飾られている周りは

献花が増えていて、マリア様もにっこり。中2の担当場所です。

IMG_4817 中3担当の昇降口前のマリア像…今朝は雨の中、祈りを捧げていました。

IMG_4819 IMG_4821 聖堂は中1担当です。

IMG_4826 夕方の写真で、上手には撮れませんでしたが、

光の当て方によってまた味わい深いです。

 

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」

(ヨハネによる福音15章12節)

 

感謝と祈りのうちに

 

 

 

新緑の美しい季節となりました。

2018050110590001 2018050111010000

(私の写真の腕はまだまだです…)

今朝も、連休明けの中、生徒たちのにこやかな挨拶と共に始まりました。

今、つつじがあちこちきれいですね。緑のグラデーションも爽やかです。

そんな心地よい月である5月は聖母月。

「今日の清心」でも紹介されているように

中学1年生は聖堂にて、聖堂.jpg

(私のお気に入り写真。光が差し込んで美しいデザイン。ここはフィレンツェ!?)

中学2年生は職員室前の廊下にて、IMG_4810

(宍戸先生作の5月のことばも心に響きます。)

中学3年生は中学昇降口前のマリア像前にて、IMG_4811

(帰りに高校生が振り返ってくれました)

係生徒が花を献げ、

お祈りをして一日を始めます。中学3年生のある人たちは

青いカーネーション(希少!)と赤いバラを持ってきていて、

「まさに青はマリア様の色、バラはマリア様そのものね。」という会話で

始まりました。中には、おばあさんが育てられたというお庭の花を持ってきた人も。

当番の皆さんにはお世話になります。そして、明日は、聖ジュリーの日。

例年になく早いので、準備が大変なことと思いますが、

中1・高3は世界平和記念聖堂にて、

高2はカトリック観音町教会にて、

中2・中3・高1は初めての新講堂にて、

御ミサと学年に応じた活動が行われます。

創立者が聖なる人となられたことをお祝いし、

共に創立者の生き方にふさわしい行動を行う日でもあります。

中学1年生の保護者の皆様のうち、明日、世界平和記念聖堂(重要文化財)の御ミサに与り、

宝神先生の被爆体験講話を聞かれる方々もいらっしゃると思いますが、

よろしくお願いいたします。明日は平日ですので、この機会が難しい方々は是非、

別の機会に一度、訪れてくださると有り難いです。

2018032515510000 (この写真は、今年早かった、「しだれ桜」満開の頃)

例えば、8月5日、6日も、国内外から平和を祈る方々でいっぱいになります。

話を明日のことに戻します。

学校(中2~高1)では、御ミサの後、国際精神里親運動のチャイルド・ファンド・ジャパン(CFJ)の

事務局長さんのご講演と縦割りの分かち合いが行われます。

私たちは日頃、NDA委員会を通して、二人のフィリピンの子どもたち(里子)を

支援しているので、詳しいお話が聞ける貴重な機会です。

高2は観音町教会周辺などの掃除の予定ですが、天候次第とのことで、

今、明日の天気を心配しています…

 

GW後半の活動のご紹介です。

5月3日(水)~5日(金)までフラワーフェスティバルが行われる中、

中学3年と高校1年生の有志が国際協力ひろば(田中町ブロック)にて、

ユニセフのブースでボランティアを行う予定です。

こちらももし、生徒たちの姿をお見かけすることがありましたら、励ましの言葉を

おかけいただくと有り難いです。

他にも、古典研究文学部の活動や陸上部の大会などが予定されています。

 

ノートルダム・カレンダーによると、5月のSDGs(持続可能な開発目標)は

5月「平和と公正をすべての人に」

“Peace Justice and Strong Institutions”です。

世界情勢も大きく動いている中、

知ること、考えること、自分にできる小さなことを大切にして、

マリア様のように、祈り続けたいと思っています。

”アヴェ マリア、恵みに満ちた方、主はあなたと共におられます。

あなたは女のうちで祝福され、ご胎内の御子イエスも祝福されています。

神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、

今も、死を迎える時も、お祈りください。アーメン”

感謝と祈りのうちに

 

 

 

明日、4月28日(土)~30日(月)、以下の生徒たちの活動が行われます。

○あしなが学生募金(紙屋町、八丁堀にて):28日(土)、29日(日)、希望者約120名が参加します。

他の学校の生徒さんとも共同で毎年、春と秋に行われます。

見かけたら、どうぞ温かいお声がけをいただけると、生徒たちも励みになると思います。よろしくお願いいたします。

○各クラブの大会:ソフトテニス部、バレーボール部、バスケットボール部、

山岳部、陸上部、放送部(講習会)

結果により、次の大会に進めるものもありますが、精一杯持てる力を発揮できるよう

祈っています。

○中学音楽部、高校合唱部:コーラスワークショップやひろしまアニメコンサート(30日)に

参加します。

本校の校歌を作曲してくださった蒔田尚昊(冬木透)さんが

「ウルトラセブン」以降ウルトラマンシリーズの歌の作曲者でもあるというのは本当に驚きです。

冬木透さんは28日~のコンサートに来られ、対談の企画もあると聞いています。

詳しくは「今日の清心」や「ひろしまアニメコンサート」のチラシをごらんください。

生徒たちのそれぞれの活動への応援をよろしくお願いいたします。

また、ノートルダム会設定のSDGs(持続可能な開発目標)4月「陸の豊かさを守ろう」に

関して、高校図書委員会がわかりやすいイラストを英語から日本語に訳してくれました。

4月の締めくくりとして、振り返れたらと思います。

4月SDGS1

SDGS3 IMG_4802新緑5

”願いと祈りと執り成しと感謝をすべての人々のためにささげなさい。

 …神はすべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。”

(テモテへの手紙一 二章1~4節)

祈りと感謝のうちに

 

 

 

美術教室が元の第一図書室に移動しました。

IMG_4751 IMG_4748

IMG_4749 IMG_4750

中学1年生が『見て描く楽しみ』という課題のスケッチ中でした。

美術部員に「新装美術室はどうですか?」と聞くと、

「広くて、きれいで、水道も新しくて嬉しいです。」とのことでした。

美術室水道 美術室からの眺め 眺めも申し分ありません。

美術室個室 高3個人指導はこの小部屋で行われます。

美術部部室 こっそり部室を覗くと、古い棚を再生中でした。

美術部 旧美術教室では、学園祭への出品作成中でした。

2学期からこの部屋は書道教室に変わります。

なお、元の第二図書室は小部屋に仕切られ、倉庫や会議室になりました。

教務の教員中心にテーブルや椅子の移動が行われ、引っ越し作業も一段落つきそうです。

NDホールも5階の和室は、今日が使い始めでした。

引っ越し作業も、業者の方々をはじめ、いろいろなところで皆様にお世話になりました。

新しい場所、これまでと変わらない場所いずれにしても、

生徒たちが自分を磨き、仲間と共に良い活動を積み重ねていけますように。

美しい新緑も応援しているようです。

新緑3 新緑4

鳥の鳴き声が響いています。

新緑1 新緑2

 

”誠実な友は、堅固な避難所。

その友を見いだせば、宝を見つけたのも同然だ。

誠実な友は、何ものにも代え難く

そのすばらしい値打ちは計り難い。

誠実な友は、生命を保つ妙薬。

主を畏れる者は、そのような友を見いだす。

主を畏れる者は、真の友情を保つ。

友もまた、彼と同じようにふるまうから。”

シラ書(集会の書)6章14~17節

祈りと感謝のうちに

 

 

 

 

 

ナガ高校生4人は、毎日、中1から高2までの授業やHR、クラブ活動などに

楽しく参加しているようです。

私は毎朝、ホストスチューデントと坂道を上がって

「おはようございます」と微笑む姿に出会えるので嬉しいです。

さて、4月21日(金)の調理実習。

賑やかに楽しみながらも、さすが高校生は自分たちの調理と同時に、

ナガ高校生の四人とも英語で会話をさらりと交わし、

なかなか揚げ具合の良いポークカツレツとポテトサラダ、ピラフ、

いちごジュースを作っていました。

調理実習1 調理実習2

調理実習3 調理実習4

調理実習6 調理実習7

高1HRでは日本・フィリピンそれぞれについて、

プレゼンテーションを披露しあったり、

平和公園や宮島に行ったり、授業で交流を深めたり…

早いもので、授業を通したナガ高校生との交流は明日が最終日。

留学生マヤさんも含め、ナガ高校生に日本語を教えてくださった

ボランティアグループ「はるかぜ」の皆さんにもお世話になりました。

ありがとうございました。

 

    伝えたいなら

”「この素晴らしさを、ぜひ伝えたい」という気持ちが強すぎると、

かえって相手に伝わりません。

自分自身がその素晴らしさを存分に味わい、

輝く笑顔で毎日を生きているなら、

相手はそこに何か素晴らしいものがあると気づくでしょう。”

『こころの深呼吸~気づきと癒やしの言葉366』Fr.片柳弘史著 教文館 より

感謝と祈りのうちに