今、本校は最大の学校行事である学園祭を前に準備が進められています。

が、その前にクリアしていく必要があるのが、来週の第1回テスト。

今はテスト週間で本来なら委員会やクラブ活動は停止中…

のはずですが、黙々と委員会活動(特に学園祭実行委員会)や

今週末行われる大会前の体育部(陸上部、剣道部、卓球部、水泳部)の

練習が行われています。

創立者もいつも応援しているよというメッセージを、生徒たちや

支えてくださっている保護者の皆様にもお伝えしたく、聖ジュリー像の

オンパレードです。卒業生の方々も懐かしいお姿かと思いますし、

受験生の皆様には創立者の思いが少しでも伝わったら幸いです。

像が応援メッセージ?と思われるかもしれませんが、

聖ジュリーの像は、全世界どこにいっても同じ姿勢…「いつも子どもと共に、

生徒と共におられる姿、その慈愛に満ちた表情」が特色です。

なお、冒頭の写真は、ベルギー(ナミュール)の修道院にあった聖ジュリー像です。

聖ジュリーの足跡として、現地の風景も交えてご紹介します。

2010夏旅行 107 フランスのパリ郊外クビリー村の看板

図3 クビリー村にあるジュリーの生家の屋根

2010夏旅行 110 2010夏旅行 111 クビリーにある修道院内の聖ジュリー

2010夏旅行 119 2010夏旅行 120 聖ジュリーの生家内(復元)

2010夏旅行 135 2010夏旅行 140 クビリーの教会にて

2010夏旅行 161 2010夏旅行 293 ベルギー(ナミュール)の修道院内

2010夏旅行 312 ナミュールの元の本部修道院入口(現在、本部はローマ)

2010夏旅行 315 ジュリー・ビリアート通り

図4 アメリカの姉妹校(Academy of Notre Dame de Namur)

次はナミュール市内のようすです。

川面の輝き、街の落ち着き、優しさ…広島に似ています。

2010夏旅行 322 2010夏旅行 323

2010夏旅行 333 2010夏旅行 334 学校や記念館

2010夏旅行 346 要塞跡に登って撮りました。

これらの話を先日、4月26日(木)と5月10日(木)の5、6限にMJ(マザージュリー)

プログラムの一環で、「世界とつながるノートルダム清心」というテーマのもと、

文化学習授業を中1の各クラスで行ってきました。

好奇心旺盛な皆さんは一生懸命聞いてくれたり、

クイズや真剣な問いに対して熱心に考えてくれたりして、

私も楽しかったです。

感想の中で、「『創立者聖ジュリーの像はいつも子どもといっしょの姿』と

聞き、子どもへの愛情深い方だったんだなあと嬉しくなった」とあり、

改めて私が今まで撮影した聖ジュリー像を思い返してみました。

さて、これからのジュリー像はいずれも校内にあります。

図1 中学玄関前 どの生徒もちゃんと本を持っています。勉強をしっかり。

IMG_4829 IMG_4831 旧講堂 生徒に勉強を教えてくださっているように見えますね。

IMG_4835 元修道院から やがて図書館へ

IMG_4836 IMG_4838 校長室

図5 背中を支えてくださっている!

「心を清くし 愛の人であれ」

感謝と祈りのうちに