本校最大の行事である、学園祭がいよいよ今週末開催されます。

パンフレットの一部をHPでも掲載しておりますが、

みどころを少しずつご紹介させてください。

まず、通学路(通称「大根坂」)と聖堂のご紹介です。

西広島駅や己斐の電停、バス停から校舎まで約10数分間、歩く間、

見える風景や建物にも注目していただけると幸いです。

バス通りとお別れして、線路沿いの道をまっすぐ歩いていただくと、

ガードをくぐる前、右側に広島キリシタン殉教の碑をみつけることができます。

IMG_4966

己斐の歴史研究会の皆様や、殉教者の歴史を研究しておられた神父様他、

地元やカトリック教会の関係者の方々のご尽力で、1984年建立に至った記念碑です。

毎年、2月11日に殉教者祈念祭が行われ、全国各地からお祈りに来られます。

IMG_4965

IMG_4963

ガードをくぐると、赤レンガの建物が見えてきます。被爆建物です。

 IMG_4928

IMG_4929

今、周囲はフェンスで囲まれ、説明板を近くで見ることができないのが残念です。

被爆にも耐え、毎日、生徒たちの登校を見守ってくれています。

アーチ窓がおしゃれな外観の元ポンプ場です。

IMG_4962

横断歩道を渡り、南門を入ると、通称 大根坂となります。

IMG_4927

左側のガードレール内にそって上る(車道側)こともできます。

こちらは最近、人参坂と言うらしいですが…

南門は卒業記念品のおしゃれな外観です。

2018050110590001

しばらくまっすぐ平坦な道と思いきや、すぐにこの階段。

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

IMG_4932

学園祭中は、右側フェンスにポスターがたくさん飾られるので、お楽しみに。

でも、くれぐれも段差にはお気をつけください。

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

IMG_4933

IMG_4935

IMG_4934

このあたりから私は、若干、足取りが重くなりますが、緑が癒やしてくれます。

木漏れ日の中、いつの間にか、心が洗われる…まさに「哲学の道」

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

IMG_4937

何やら、遠くに階段が見えますね。あのあたりで、休憩する人もいます。左下はテニスコートです。

前のあたりが眩しくなる…。校舎が見えてきます。

ゴールは近い! と思いきや、最後の坂道が待っています。

”毎日この坂道を上り下りすれば、体力がつく!” と納得されること間違いありません。

IMG_4940

学園祭の横断幕が屋上に掲げられる予定です。

IMG_4941

お客様は、右へお曲がりください。

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

赤い屋根! 元の修道院が見えてきました。

IMG_4942

左側が聖堂です。

改めて、約70年前の建物だと思うと、どんなに当時、モダンな設計と話題になったことかと思います。

IMG_4943

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

学園祭中は、27日(日)10時より御ミサが行われます。

初めての方も、懐かしい方も、どうぞお越しください。

カトリック研究会がご案内いたします。

なお、このあたりは、学園祭中、植木コーナー(同窓会担当)となります。

美しい生花・観葉植物・苗がたくさん。どうぞいらしてください。

IMG_4945

入口には白板があり、お祈りが次々に増えていきます。世代を繋ぐ祈りの力を感じます。

IMG_4948

IMG_4950

聖堂のとなり、クビリーホールの南側です。

IMG_4947

IMG_4951

聖堂の中。今、聖母月の献花で中1の皆さんが毎朝訪ねているので、華やかな様相です。

IMG_4826

中1生徒たちが花と祈りを捧げた後、Sr. メリー・コリピオがお花のお世話をしてくださっていました。

「この聖堂は、毎日毎日、歴代のシスター方や当時の在校生、卒業生のお祈り(洗礼や結婚式なども)の場所でした。

いっぱいいっぱいお祈りが詰まっていま~す」と、語ってくださっています。

IMG_4967

実は二階席もあります。

IMG_4968

恵みの光です。27日(日)10時から、長束修道院の塩谷神父様がお越しくださいます。

IMG_4969

翠松会や同窓会の方々には、お忙しい中、準備でお世話になっております。

教員も第1回テストの採点、授業と並行して、学園祭準備に奔走しておりますが、

お客様が喜んでくださる姿を一同、お待ちしております。

なお、坂道に関して、お足元のご不安な方など、事前にご相談ください。対応させていただきます。

DCIM100MEDIADJI_0040.JPG

*******************************

万事が益となるように 共に働くということを、

わたしたちは知っています。

(ローマの信徒への手紙 8章28節)

感謝と祈りのうちに

 

 

 

4月中旬にご紹介した「ノートルダムホールのひとこま」シリーズ。

肝心の講堂がまだでした。失礼いたしました。

外観や中のようすをどうぞごらんください。

学校全景 本校北側の赤い屋根の建物です。

DCIM100MEDIADJI_0028.JPG NDホール

DSC_9430 DSC_9417

緞帳は同窓会から寄贈していただきました。

講堂座席

講堂座席2幕天井に赤い座席が特徴です。

2月の落成式以降、さまざまな行事などで使用しています。

DSC_0553  音楽会 DSC_0373 高校卒業式

CIMG8539 新入生登校日  中学入学式 中学入学式

5月の学園祭では、音楽系に加えて、演劇系のクラブ、同好会や特別参加単位が

登場するので、どうぞお楽しみになさってください。

その前の関門として、第1回テストに挑んでいる生徒の皆さん(中1・2は明日より)へ

下記の応援メッセージを送って、今日は終わります。

あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、

試練と共に、それに耐えられるよう、

逃れる道をも備えてくださいます。

コリントの信徒への手紙1 10章13節

感謝と祈りのうちに

 

 

 

 

 

2018.5.16日誌

夏服への移行期間

IMG_4887

本校は毎年、4月末、遠足やフィールドゲームを機に、夏服への移行期間に入ります。

が、中学1年生は、上の写真のように、夏服が届くまで全員が冬服のワンピース。

今日(16日)、夏服が届き、明日からは「お姉さん」と同じように

夏服、冬服が選べます。放課後、聞いてみると、ほとんどの人が笑顔で

「夏服が届いて、うれしいです!」「明日から着てきます!」と

答えていました。

なお、来年度の70期生から、制服がリニューアル。

機能性がアップします。

冬服は約30年間続いたワンピースとお別れし、

ジャンパースカート・ブラウスとジャケットになります。

********************

今日も、テストに備えて、下校時刻ギリギリまで、生徒たちの自習や質問が続いていました。

IMG_4886 IMG_4888

IMG_4890 IMG_4891

わたしをあなたの平和の道具として、お使いください。

憎しみのあるところに 愛を、いさかいのあるところに ゆるしを、

分裂のあるところに 一致を、疑惑のあるところに 真理を、

絶望のあるところに 希望を、闇に光を、

悲しみのあるところに 喜びを、もたらすものとしてください。

慰められるよりは 慰めることを、

理解されるよりは 理解することを、愛されるよりは 愛することを、

わたしが、求めますように。

わたしたちは与えるから 受け、ゆるすから ゆるされ、

自分を捨てて死に、永遠の命をいただくのですから。

(アシジの聖フランシスコの祈り)

感謝と祈りのうちに

 

 

 

 

冒頭は、高2の数学自主勉強の風景です。

4月に戻りますが、授業のようすをお伝えしようと、クラスをまわっていたので

いくつかの教室をご紹介します。

IMG_4744 瞑黙で始めます。静かに心を落ち着けます。

IMG_4781 IMG_4790 中2家庭科&物理

IMG_4791 IMG_4792 高1英語・高2英語

さて、今週は、第1回テストが迫っています。

朝夕、職員室前室なども質問の生徒たちでいっぱいです。

IMG_4884

5月中旬、生徒たちの学習のようすを、各学年の廊下掲示・展示物などと共にご紹介します。

IMG_4854 IMG_4855 中1数学&地理(動画もふんだんに)

IMG_4842 IMG_4844 高1数学

IMG_4858 IMG_4848 テスト直前の復習&図書館での高3自習

IMG_4852 IMG_4851 中1廊下(MJ文化学習・遠足)

IMG_4868

IMG_4869 宝神先生からお借りしている被爆ガラスや

講話で登場したシスター・メリーのご紹介(1951年~2001年までの50年間、日本で宣教されました。

深い愛情を注いでくださり、厳しく英語を鍛えていただきました。)

IMG_4846 高1廊下(沖縄関連の本)

IMG_4861 IMG_4864 高2廊下(学年目標&時事ノート)

IMG_4876 IMG_4875 IMG_4874

高3廊下(SDGs関連記事&さまざまなジャンルの本)

 

高校生は明後日16日(水)から、中学3年生は17日(木)から、

中学1年、2年生は18日(金)から始まる第1回テストで、

力を十分発揮できますように。

IMG_4881

小聖堂の聖ジュリー像を前回、紹介しそびれていました。すみません。

「知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、

本当に重要なことを見分けられるように。」(フィリピの信徒への手紙1章10節)

感謝と祈りのうちに

 

 

 

今、本校は最大の学校行事である学園祭を前に準備が進められています。

が、その前にクリアしていく必要があるのが、来週の第1回テスト。

今はテスト週間で本来なら委員会やクラブ活動は停止中…

のはずですが、黙々と委員会活動(特に学園祭実行委員会)や

今週末行われる大会前の体育部(陸上部、剣道部、卓球部、水泳部)の

練習が行われています。

創立者もいつも応援しているよというメッセージを、生徒たちや

支えてくださっている保護者の皆様にもお伝えしたく、聖ジュリー像の

オンパレードです。卒業生の方々も懐かしいお姿かと思いますし、

受験生の皆様には創立者の思いが少しでも伝わったら幸いです。

像が応援メッセージ?と思われるかもしれませんが、

聖ジュリーの像は、全世界どこにいっても同じ姿勢…「いつも子どもと共に、

生徒と共におられる姿、その慈愛に満ちた表情」が特色です。

なお、冒頭の写真は、ベルギー(ナミュール)の修道院にあった聖ジュリー像です。

聖ジュリーの足跡として、現地の風景も交えてご紹介します。

2010夏旅行 107 フランスのパリ郊外クビリー村の看板

図3 クビリー村にあるジュリーの生家の屋根

2010夏旅行 110 2010夏旅行 111 クビリーにある修道院内の聖ジュリー

2010夏旅行 119 2010夏旅行 120 聖ジュリーの生家内(復元)

2010夏旅行 135 2010夏旅行 140 クビリーの教会にて

2010夏旅行 161 2010夏旅行 293 ベルギー(ナミュール)の修道院内

2010夏旅行 312 ナミュールの元の本部修道院入口(現在、本部はローマ)

2010夏旅行 315 ジュリー・ビリアート通り

図4 アメリカの姉妹校(Academy of Notre Dame de Namur)

次はナミュール市内のようすです。

川面の輝き、街の落ち着き、優しさ…広島に似ています。

2010夏旅行 322 2010夏旅行 323

2010夏旅行 333 2010夏旅行 334 学校や記念館

2010夏旅行 346 要塞跡に登って撮りました。

これらの話を先日、4月26日(木)と5月10日(木)の5、6限にMJ(マザージュリー)

プログラムの一環で、「世界とつながるノートルダム清心」というテーマのもと、

文化学習授業を中1の各クラスで行ってきました。

好奇心旺盛な皆さんは一生懸命聞いてくれたり、

クイズや真剣な問いに対して熱心に考えてくれたりして、

私も楽しかったです。

感想の中で、「『創立者聖ジュリーの像はいつも子どもといっしょの姿』と

聞き、子どもへの愛情深い方だったんだなあと嬉しくなった」とあり、

改めて私が今まで撮影した聖ジュリー像を思い返してみました。

さて、これからのジュリー像はいずれも校内にあります。

図1 中学玄関前 どの生徒もちゃんと本を持っています。勉強をしっかり。

IMG_4829 IMG_4831 旧講堂 生徒に勉強を教えてくださっているように見えますね。

IMG_4835 元修道院から やがて図書館へ

IMG_4836 IMG_4838 校長室

図5 背中を支えてくださっている!

「心を清くし 愛の人であれ」

感謝と祈りのうちに